​Amemasu is White spotted Charr 

Fishing with Swing and Retrieve

Runs From Sea.png
  • Season : March ~May, November~December

  • Destination : South, East, and North-East of Hokkaido

  • Method : Spey Scagit cast for swing, and retrieve flys.

  • Tackle : 11~16ft Two handed rod, Skagit  line is most productive and Scandi for warm season. So, You need a sinking  tips for main winter season. Any streamer is working well especialy types moveing tales, and Light green colors. I show you  when after booking.  Also Single handed rod 7~8 weight are available. 

 Other POST  

WInterAmemasu07.jpg
IMG_20191124_221313.jpg

​Amemasu is White spotted Char 
Fishing by small Dry Fly in early Spring.

IMG_20200302_124321.jpg
MarchRIse-03.jpg

​その三、
盛夏の渓流&ドライフライ

​Amemasu fishing in Moutain stream Summer days

Lake run Amemasu.jpg

 

シーズン:7~8月

場所:道央、道北、ダムへの流入河川

​メソッド:シングルハンドロッド

ドライフライ、ドライ&ニンフのトレーラー式

タックル:8~10ft

ラインシステム:WFフローティング

フライ:大型~中型のドライフライ​、

    スティミレイーター、ホッパー、クリケット

などの大型テレストリアル、

小型の黒色のビートルは必須。

定番の大型セミパターンなど


【ティップス】
毎年、夏になるとダム湖から遡上する渓流がいくつかあります。また、道央・道東地方のいくつかの独立河川の上流部には、河川内だけで40~60cmに成長した大イワナが  生息するエリアもあります。
どちらも基本的に同じ魚であり、イワナ属です。        
鬱蒼とした森の中に、岩盤に囲まれた渓谷があれば、そこはほぼ大型に育ったアメマスの住処になっています。また、ダム差しのアメマスが夏の間に成長する場所でもあります。

大型のドライフライで攻略してみましょう。場合によっては一発で、または何度も投じる必要もありますが、結構な確率で水面まで浮いてきます。大型のドライは、大型のアメマスを引き付ける魅力があるという事でしょう。
   
また、岩壁の底には深いエグレ部があり、深く流れが緩くなっている場合、アメマスが潜んでいるケースが多々あります。こうした場所も大型のテレストリアルなどを流し込むと、ドバっと大イワナが飛び出してきます。 
     
​北海道が誇るネイティブ、ドライフライでもしっかりと釣る場面はありますが、魚が大きな 分、本州地方のイワナとは少々釣りのスタイルが違うかもしれません。そうした部分を踏まえてトライしてみると、また一味違った体験になること間違いなし。大きさも二回りくらい違いますしね!


時期に合わせたエリア紹介など、詳細は問い合わせののち、メールなどでやり取りでご紹介します。    
           
 

Large Iwana.jpg
SummerIwana-01.jpg
SummerIwana-02.jpg

夏の山岳渓流。ダム上の開けたエリアでは、残雪の山々を眺めながらの釣りも。雪解け水が消え、ダム湖の水温が上がった時がタイミングです。平野部では水温の上がる季節、標高のある涼しい山岳部の釣りにあります。近くでの温泉宿、キャンプでもしながらも最高です…。